屋良朝幸主演『THE CIRCUS!-エピソード2 Separation-』稽古場レポート 

舞台はアメリカ。ストリートサーカス集団ミラージュのメンバーには裏の顔がある。彼らの正体は、通称“THE CIRCUS”。大統領直属の極秘部隊なのだ。

オリジナルミュージカル『THE CIRCUS!-エピソード2 Separation-』は、THE CIRCUSメンバーの活躍と葛藤をアメコミから飛び出した世界観で描くエンターテインメントショーだ。主演は屋良朝幸。共演には、矢田悠祐、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、蒼乃夕妃、田野優花、高橋駿一(PADMA)、菜々香、寺西拓人(ジャニーズJr)、島ゆいか、青柳塁斗、そして植木豪が名を連ねる。

企画・構成/演出・振付にTETSUHARU。脚本は広田光毅。音楽には、AKBグループの代表的な楽曲を数多く手掛けてきた井上ヨシマサが今回初参加。稽古の模様が公開された。

THE CIRCUS!を楽しむために知っておきたいキーワードは「コア」

本作は2016年の『エピソード0』、2017年の『エピソード1』に続くシリーズ第3弾となる。前作を知らなくとも冒頭のナレーションで問題なく楽しむことができる構成になっている。それでも「何か予習したい」という方のために、何か1つお伝えするならば、キーワードは「コア」。

コアはいまだ謎の多い地球外鉱物だ。危険なほどに強いエネルギーを宿しており、そこから発せられる波動を浴びた者は、超人的なパワーを手にする。同時に、その者の精神と肉体は崩壊していくという。

前作では、対立する秘密組織「オメガ」との戦いの中で、THE CIRCUSのメンバーたちがコアの波動を浴びてしまう。そしてその能力をいち早く覚醒させたのが、主人公ケントだった。
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様

THE CIRCUS エピソード2は全曲書き下ろし

取材当日は、都内スタジオで第1幕の通し稽古が行われた。まだ衣装や舞台セットのない状態で、どこまで世界観をつくり出せるだろうか。そんな思いもあったが、稽古がはじまるとすぐに、心配はかき消された。

前作と今作をつなぐナレーションをバックに、冒頭からケント(屋良朝幸)が派手なアクションをみせ、THE CIRCUSのメンバーが次々に顔をそろえたところで、新しいテーマ曲が披露された。以前のテーマ曲とは一味違う、ホーン・セクションが際立つソウルフルなナンバーが、新たな物語の幕開けを盛り上げる。

コアから始まる、それぞれの葛藤

そんな中、ケントの様子に異変が起こる。コアにより覚醒した力を、ケントはコントロールしきれていないのだ。周りの人間をも傷つけかねない強大な力に恐れと不安を感じているようだ。

もともと正義感の強い、アツいタイプのケントだが、今作の第一幕では、心の葛藤が多く描かれていた。演じる屋良朝幸は、稽古が始まる直前まで、新メンバーの植木や寺西らと笑顔で言葉を交わすなどしていたが、劇中では表情が一転。ケントの苦悩に演技、歌唱、ダンスで果敢に挑んでいた。

越岡裕貴は、インテリでワイン好きのカルロス役をつとめる。カルロスはエピソード1の時、別の特殊任務でパリにいた。そのためTHE CIRCUSの中でただ1人、コアの波動を浴びていない。

THE CIRCUSの仲間たち

ひとりの表現者として活躍の場を広げる矢田悠祐はジェイク役を、身体能力の高さに定評のある青柳塁斗はレイ役を、爽やかな笑顔で驚くようなアクロバットをみせる高橋駿一はブルーノ役を演じる。
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様

レイがリーダー論を語る時の絶妙な空気が爆笑を誘ったかと思えば、ジェイクが実は○○ヲタと明らかになり一同をひき笑いさせ、またも爆笑。その後もアクションやダンス・パフォーマンスで発揮する男っぽさ、格好良さと、口を開いた途端に溢れてしまう愛嬌の落差が、劇中のスパイスとなっていた。

キレッキレのパフォーマンスを披露するのは、女性陣も同じ。サーカス団の猛獣使いで鞭の名手・モニカを演じるのは、宝塚歌劇団月組OGの蒼乃夕妃。冒頭のテーマ曲から、ヒールの高いブーツで強くしなやかに鞭をふるい、扮装なしの稽古場でも“華”を感じさせた。
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様

菜々香は、レイの妹で、サーカス団のディーヴァのサラ役を演じる。今作で初登場するのが、島ゆいかが演じるエレーナ。カルロスの助手で、ぱっと見はインテリ風。口を開けば、場の空気を明るく変えるノリの良い女の子。
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様

田野優花は、国民的歌手であり、国家の社会的リーダーでもあるナディア役。ライブ会場のシーンでは、華奢な体からは想像できないダイナミックさで、扇情的なダンスを披露。歌唱シーンでは、飾ることのないストレートな歌声に心を掴まれた。
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様

上質で多様なポップナンバーは必聴

エレーナと同じく、初登場キャラクターとなるのが、植木豪が演じるベンと、寺西拓人が演じるウィラード。ベンもコアの波動を浴びた覚醒者で、秘密結社オメガの一員であることから、ケントらTHE CIRCUSと敵対するキャラクターたちだ。

植木は激しいアクションでもブレない、ソリッド感あるパフォーマンスで、ベンの強さを体現する。ベンと行動を共にするウィラードは、一幕目では謎の多い存在。しかし間違いなく劇場中が、ほっこり&爆笑するであろう一面もみられた。後半の活躍に期待が高まる。
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様
『THE CIRCUS!EP2 ーSeparationー』稽古模様

劇中には上質でキャッチ―な楽曲がそろい、ダンス、アクション、パフォーマンスとともに物語が展開していく、あっという間の1幕(約70分)だった。エピソード0からのファンの方はもちろん、新しいスタイルのステージパフォーマンスを観たいと思っている方にもおすすめしたい。東京公演は、よみうり大手町ホールで6月17日~7月1日まで。その後、神奈川、大阪、愛知、福岡を巡演する。

取材・文=塚田 史香 撮影=岡 千里

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7547483