光宗薫、桐山漣… “ルックスは完璧”なのに売れない芸能人4人!「チョイ役ばっかり」「なんで売れないんだろう…」

 芸能界の中には、ルックスは良いのにイマイチ売れなかった残念な人が数多く存在する。「関ジャニ∞の大倉忠義(33)に似ている」と話題になったこともあるイケメン俳優・桐山漣(33)もその一人だ。

桐山は2009年放送の『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で、菅田将暉(25)とW主演を務める。しかし脚光を浴びて活躍の場を広げたのは菅田のみだった。その後は『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)へ出演。前作で水嶋ヒロ(34)が演じていた難波南役としてキャスティングされるも、ここでもイマイチブレイクせず。最近では「正義のセ」(日本テレビ)第8話に人気俳優役でゲスト出演。視聴者からは「もはや懐かしい顔」「チョイ役でよく出てる子だよね!」「かっこいいのになんで売れないんだろう…」などと言われてしまっている。

今回は桐山のように、“ルックス”は完璧なのにイマイチ売れなかったと言われる芸能人を紹介しよう。

光宗薫

第13期生としてAKB48に加入した光宗薫(25)も、ルックスはいいのにイマイチ売れなかった芸能人だ。光宗は168cmの高身長で、モデル顔負けのスタイルの持ち主。しかし茶髪ショートカットにピアスという“カッコいい”キャラクターに、「男前キャラでは女性ファンしか獲得できないよ~」「ザ・オシャレウーマン」と男性ファンからは厳しい声も。「AKBじゃなくて違うフィールドでチャレンジしてたら売れたかもしれないのに…」という意見も多いよう。勝負に出る場所を間違えたことが、イマイチ売れなかった原因かもしれない。

AKBを卒業後、2014年には女性ファッション誌『Oggi』でモデルデビューを飾った光宗。しかし「AKBの時はクール路線だったのに、ここにきて可愛い路線に変更かよ」「迷走が激しい」と、キャラクターが安定しないと話題を呼んだことも。

田中幸太朗

「最近は全くテレビで見なくなった」と囁かれてしまっているのは、俳優の田中幸太朗(35)。田中は2004年に放送された『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)で、主人公のサクを温かく見守る幼馴染・スケを熱演。「ザ・テレビジョン 第42回ドラマアカデミー賞」で新人賞を獲得し、その甘いマスクとクセのない容姿が一時期人気を集めた。しかしその後出演した『ごくせん』(日本テレビ系)、映画『ウォーターボーイズ』、『爆竜戦隊アバレンジャー』(テレビ朝日系)などでは特に注目を集めることができず、微妙な活躍にとどまっている。

“すこし昔”にファンだったという声が多く、「あの笑顔が素敵なのにチョイ役ばっかりで寂しい…」「演技力あるのに! もっと起用してあげて~」「チヤホヤされない方のイケメン」と悲痛な叫びが。

伊藤ゆみ

別名“ICONIQ(アイコニック)”としても活躍していた伊藤ゆみ(33)も“ルックスは良いのに売れない”と位置付けられている一人だ。日本では“伊藤ゆみ”という名前で女優をしていたが、その後“ICONIQ(アイコニック)”に改名。2010年に「マキアージュ」の“坊主頭広告”で話題を呼んだ。端正な容姿と坊主頭のアンバランスさに、「ヘアスタイルの度胸がすごい」「ここまでするか!」という声も上がったがブレイクにはつながらず。

最近ではテレビドラマ「海月姫」(フジテレビ系)に出演。無表情で無口な秘書役だったが、「坊主とイメージがかけ離れすぎて誰だか分からなかった」「坊主の人って言われるまで気づかなかった!」「美人だけど推すほどじゃないんだよな~」などの声が目立つ。髪を伸ばしている現在でも、世間の認識は“美人な坊主頭”で止まっているのかもしれない。

(文=ヤーコン大助)

※画像は、「FLAVE ENTERTAINMENT」公式サイトより

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7540533