フジテレビの『AKB総選挙』11%ジリ貧……でも「切れない」裏事情とは?

 6月16日に『第10回AKB選抜総選挙』がフジテレビ系で生中継された。平均視聴率は過去最低となる11.0%(第2部/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録した。AKB総選挙は、2012年からフジテレビでの地上波中継が始まったが、15年以降視聴率を下げている。視聴者のテレビ離れ、AKB離れ、フジテレビ離れのトリプルパンチが効いているといえよう。

「ただ、視聴率11%といってもフジからすれば、1ケタが当たり前のほかの番組に比べれば、まだ優良コンテンツだといえます。さらに今回はナゴヤドームが会場となり、1位を獲得したのは地元グループSKE48の松井珠理奈で2位も同じくSKE48の須田亜香里とワンツーフィニッシュ。名古屋地区では倍近い20.7%(同/ビデオリサーチ調べ)を獲得しました。AKBに興味がない人がいる一方で『地元だから見る』『ファンだから見る』といった、一定数の需要があるのは確かです」(放送作家)

しかしながらここ数年の総選挙の視聴率はジリ貧となっている。それでもフジはAKBを切れそうにない。

「フジテレビは新社長への交代により番組内容を刷新すると宣言し、この3月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』を終了させましたが、直後に新番組『石橋貴明のたいむとんねる』をスタートさせ、フジ低迷の戦犯とまで言われたとんねるずを切れませんでした。この番組も、深夜帯とはいえ、視聴率が悪すぎです。ただ、AKB48のプロデューサーである秋元康もとんねるずをタッグを組んでフジテレビの黄金期を作り上げた、いわば局への貢献者ですから、そのラインは切るに切れないのが実情なのでしょう。さらに秋元はテレビ朝日系で『ラストアイドル』をスタートさせ、新たな動きを見せ始めていますから、フジ側が秋元をつなぎとめておきたい意図も透けて見えます」(同)

とはいっても、それでは“過去の栄光にすがっているだけ”にはならないだろうか。凋落したとはいえ、あれだけ栄華を誇ったフジテレビがAKB頼りになってしまうのは何とも情けない。
(文=平田宏利)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7567663