【AKB選抜総選挙】指原&まゆゆの中華砲を継承⁉ 「速報1位」NGT48荻野由佳が中国人に指示されるワケ

6月16日にナゴヤドームで開票される『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』。10回目となる今回は、JKT48・BNK48・TPE48といった海外グループにも立候補権を付与。上位16名が「世界選抜メンバー」に抜擢される。先月30日に発表された速報では、昨年に続き、NGT48荻野由佳(19)が暫定1位。5万9,531票を獲得し、AKBグループの新女王候補に王手をかけた。

彼女を後押ししているのは国内のファンだけではない。

日本ではまだまだ知名度が低いものの、荻野は中国ではレモンちゃん(大檸檬)という愛称で親しまれており、その人気はAKBグループの中でもトップクラスといっていい。

中間発表の数日前には、中国のファンたちがネット上で、投票のための資金提供を呼びかけるなど、直前まで彼女の応援が続いていた。

AKBグループの総選挙では、その結果を大きく左右するのが、いわゆる“中華砲”と呼ばれる中国人富裕層による爆投票だ。これまでの総選挙でも、HKT48指原莉乃やAKB48(当時)渡辺麻友が数万もの中華砲の援護射撃を受け、首位争いを繰り広げてきた。

しかし、渡辺はすでにグループを卒業し、昨年3連覇を果たした指原は、今年は不出馬。そのため、荻野がこれまで両名に注がれてきた中華砲の恩恵にあずかっていることは間違いなさそうだ。

今回の“荻野速報1位”のニュースは国営メディア「人民網」などでも報じられ、荻野の中国人気の高さがうかがえる。

中国版Twitter「微博」の荻野ファン専用アカウント「荻野由佳小劇団」では、今回の中間速報について、多くの中国人ファンが、「やった! 本当におめでとう!」「レモンちゃん強すぎ!」「これで安心して寝られるよ…」「2週間後にはさらなる感動が待っているはずだ」「彼女はホリプロ最後の希望」などといったコメントが寄せられている。

中華砲の行方については、指原と同じHKT48の宮脇咲良に流れるのでは、という予想もささやかれているが、丸顔で色白の荻野は多くの中国人男性が好みとする典型的ルックスで、その点では宮脇よりも分があるとみられる。果たしてこのまま逃げ切って、センターの座を獲得することはできるのだろうか?

(文=青山大樹)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7535713